不眠症の可能性はどれくらいですか?

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

不眠症の投稿コメントする

SONY
男性 SONY(非公開)
不眠症の可能性はどれくらいですか?
こういったサイトに初めて投稿しました。
症状的なものでいいますと…
・1回は目が必ず覚める
・酷い時は1回目が覚めてしまうと、また寝ようとしても眠れない
・カフェインが含まれている飲み物を飲むことが多い
・身体が重く、寝ても疲れが取れない
・瞼が重い、痛いと感じる
・偏頭痛が週に数回ある
など思い当たる症状としては今はこんな感じです。
私は不眠症の可能性はどれくらいあるのでしょうか?
kurodakanbee1221
男性kurodakanbee1221(非公開)
一般的な不眠症の診断は、日中に耐えられない眠気が起こったりして、生活に支障が出るという訴えや、眠れないという主観的訴えがあれば、治療対象とするようです。
不眠症かどうかの診断は、専門医のほうが良いでしょうが、少なくとも眠れない気分への対処はやっていいと思います。
睡眠環境はいかがですか?案外冬場の不眠症に多いのが、暖房や電気毛布などで暑すぎて深部体温が下がり切らずに眠りが浅くなってしまうことがあります。そうなるとノンレム睡眠のレベルが深い徐波睡眠という状況に入らず浅い睡眠で夢ばかり見ている気になることがあります。

不眠症を便秘解消と同じような解消方法で考えると、腸の蠕動運動を促すためには、腸内環境を整え、バランスの良い食事と、適度な運動、そして食事と食事の間のインターバル時間をしっかりとることです。
また、交感神経と副交感神経の切り替えをしっかりと促すことも大事です。
不眠症に当てはめてみると、入れる情報の質を整えること。
交感神経優位の時にしっかりと情報を入れたら、副交感神経優位の時には、出来るだけゆっくりと過剰に情報を入れないようにすることも大事だということになります。
現代のように情報の洪水の中で、ストレスにまみれ、常に情報を入れ続ける環境であれば、不眠症になってもおかしくないと言えるのではないでしょうか。

次に環境についていえば、トイレに行くだけで排泄感が増すのが正しい感覚で、便秘症状が強い人はその感覚がなくなっているのだと思います。
同じように不眠症の環境で言えば、ベッドに入るのは、眠くなってからにすることです。実は不眠症に陥る一番の原因は、眠れないのに布団の中にいることで、布団の中が眠れない場所と体が覚えてしまうことです。

不眠を便秘に例えて説明したわけですが、実は便秘と不眠症は本当につながっているという説もあります。NHKスペシャル「人体」でも紹介されたように、脳に次いで神経組織を持っているのが腸であり、腸が第二の脳といわれる所以である訳ですが、実際に便秘症の人に不眠症の人が多いのは事実のようです。自律神経の影響で交感神経副交感神経の切り替わりが上手くできないことが便秘症も不眠症も生み出していますので、便秘が治れば不眠も解消できるし、不眠が治れば便秘も治るということです。

不眠症に多いのは入眠の苦しみですが、途中覚醒や睡眠深度の不足を上げる人も多いことと、併用する場合も多いのです。入眠後の環境や入眠時の体調について考える必要があります。よくあるのはお酒を飲んで寝ること。寝入りは良いのですが、途中覚醒となってしまうことが多いですね。また、おなかいっぱい食べて寝ることも、体が消化のためのエネルギーを使うため、休むことが出来ず睡眠が浅いことや、胃食道逆流症の原因となり激しいいびきによる睡眠深度が下げられない原因となります。
また環境では、冬場の暖房が強すぎる事や電気毛布などにより、気持よく寝入ることが出来ても、その後深部体温が下がり切れずに、途中覚醒や睡眠深度が不足して寝不足感が強いことなどがあげられます。

さて不眠の解消は、夕方以降は質の悪い情報を大量に入れることをしない。テレビやスマホで刺激の強い情報を入れないという言ことですね。
次に早めに食事を済ませ、寝る前に飲み食いを控える。
睡眠環境を整え、眠くなってから布団に入るようにすること。眠る時間にはあまりこだわらなくてもよいのですが、起きる時間は休みの日でも一定になるようにしたほうが良いですね。
頭の中でいろいろと考えが巡って眠れなくなることがあります。そのようなときは、頭の中で「ん~」とか「む~」とかの言葉を言うようにすると、ほかの考えが出てこなくなりマイナス思考に落ち込まなくて済むようになります。
冬場は特に暖かくし過ぎて、深部体温が下がり切れなくなる為、暖房や電気毛布はタイマーで調整する。

さて、睡眠環境とは、「騒音」「明るさ」「温度」「湿度」などに加え、交代勤務などによる「睡眠に入る時間の不規則」などです。
環境の改善には、寝室そのものの改善を行うことが考えられます。
しかしながら、防音の部屋、遮光カーテン、冷暖房や加湿器で対処したとしても、一緒に生活する相手がいれば、必ずしも自分本位では調節できません。時間のずれ、趣味の違い、パートナーのいびきなどの生活音。
睡眠はもっともパーソナルな世界です。

自分だけの環境を作るための環境改善。安眠家具が最も睡眠環境改善に有効です。
詳しくは、「不眠症まとめサイト」を検索参照してください。
このコメントに返信
ページの先頭へ