統合失調症の消耗期の家族の対応。

この投稿にコメントを書く場合は、この投稿の最下部よりコメントを送信して下さい。
書き込まれたコメントに対して返信する場合は、「返信する」から返信して下さい。
※ Javascript が無効の状態です。

現在は Javascript が使用できない状態です。

当サイトのご利用にあたり、お使いのブラウザで Javascript が使用可能な状態である必要があります。

恐れ入りますが、お使いのブラウザで Javascript を使用できる状態に設定の上、再度アクセスし直して下さい。

※ Javascript を有効にすると登録フォームが表示されます。

統合失調症の投稿コメントする

りんりん
女性 りんりん(非公開)
統合失調症の消耗期の家族の対応。
妹が統合失調症で4ヶ月程前に幻覚、幻聴、様々な妄想など発症し、異常行動を起こし無理矢理病院に連れて行き即医療保護入院となりました。その後2ヶ月間入院し現在は退院して投薬治療を続けながら何とか生活しています。症状は落ち着いて消耗期にはいったようで幻覚、幻聴、妄想などについて自発的に発言することは無くなりました。しかし最近、以前からファンだったアーティストのライブに行きたいと言いだし一度両親が承諾し行かせてしまいました。そのアーティストは妹が症状の酷い急性期に恋愛妄想をしていた相手です。妹は既婚者で子供もいます。アーティストとは勿論恋愛関係などありませんが、両想いであるように急性期にはしきりに妄想をしていました。そのような理由があって、今後そのアーティストのライブに行きたいと言ってきた際にどう対応するのが良いのでしょうか?両親や妹の旦那は息抜きにもなるし、行動を制限し過ぎるのも良くないんじゃないかと考えており、本人が行きたいのなら行かせてあげたいと考えているようです。私も行きたいなら行かせてあげたいと思いますが、それによって症状が悪化してしまったりしないか心配です。消耗期に入り無気力、無表情で常にぽーっとしておりますが、急性期のまるで悪夢の様な支離滅裂な行動、発言をしていた妹の姿に比べれば落ち着いてきたようにみえて安堵しております。このまま何とか消耗期を乗り越えて、回復期に向かい普通の日常が過ごせるようになって欲しいです。統合失調症における消耗期の家族の対応の仕方アドバイス宜しくお願い致します。
わかば
男性わかば(非公開)
お姉さんが、苦労されていて、大変ですね。僕達のこと大事にしてくれて、ありがとうございます。E Fuller Torry博士は、こう言ってます、ご家族に。患者さんたちは、なんとかやってるものなんですよと。でも、具合の悪いことは、困りますね。かわいそうに思ってくれて、ありがとう。よく勉強してくださって、とっても妹さんのためになりますよ。僕は、当事者の男性の年寄りですが、言動が少しおかしくても大丈夫ですよ。落ち着いていれば。そうですね、無気力になるよりは、楽しいことしてたほうがいいし。僕達の病気は、内向的になるために脳内のドーパミンが人より大量に発生する過覚醒というものなのです。それが陽性症状で、妄想や幻覚の正体です。妹さんは、すでに薬を飲んで、急性期が治療された状態です。薬というのは、そのドーパミンの伝達経路を遮断して、意識の状態を調整しているのです。だから、コンサートに行ってももう、幻覚は、ないと思いますよ。医師と相談してみてください。多分大丈夫だと思うのです。それより、妹さんの楽しいことをさせてあげたらいいと、他のご家族は、考えていると思いますよ。もう一つ言うと、陽性症状の他に陰性症状と言って、無気力いなるのもいけないものなのです。E Fuller Torry博士のサバイビングスキゾフレニア、 統合失調症がよくわかる本 と言うのがおすすめです。すみません、ご家族に生意言って。僕達にとって、家族とお医者様が一番大事です。妹さんのために頑張ってくださって、ありがとうございます。少々妄想しててもいいんだと思うのですよ。楽しいのです。
このコメントに返信
わかば
男性わかば(非公開)
実は、急性期が過ぎて、消耗期に陰性症状になる可能性もあるのです。陰性症状とは、意識が減退してしまって、心を失ってしまうような感覚になるのです。それよりかは、楽しいことがいいと思ったのです。治療が始まると、そうなりやすくて、僕も経験があります。そんなとき、読書がいいですよ。女性らしいなにか素敵なものがいいです。あと、統合失調症は、もっぱら自宅でテレビや映画なんかをみます。徘徊とかもします。そういうことをあまり、とがめるべきでは、ないのです。タバコとコーヒーを好むかもしれませんが、取り上げないであげてください。
このコメントに返信
ページの先頭へ